Culture/tourism

Home文化観光文化遺跡玄風郭氏十二旌閭閣

玄風郭氏十二旌閭閣

Summary

玄風郭氏十二旌閭閣 img
  • 指定番号 : 文化財資料 第29号
  • 指定日付 : 1990年 8月 7日
  • 所在地 : 大邱 逹城郡 玄風面 地里 1348-2
  • 時代 : 朝鮮 宣祖 31年(1598)
  • 規模 : 173坪、 建物 1棟(16坪)
玄風郭氏一門に三綱を守った 28人を表彰旌閭して一門三綱など 12閣が羅列されていて各旌閭の建立年代はそれぞれ異なるが、朝鮮英祖の時に1ヶ所に集めて立てたと言う。
郭奏の一門三綱二孝子である郭履賞、郭履厚、烈婦居昌愼氏、烈婦郭氏などは宣祖 31年(1598)に旌閭を受けて、四孝子である郭潔、郭清、郭洞、郭浩と烈婦広州李氏は宣祖の命で旌閭を立て、烈婦安東権氏は仁祖時代に、烈婦全義李氏は英祖の時の旌閭を受けてこれらの懸板が奉安されている所だ。
建物と懸板は最近の物であるが、一門三綱を含めた十二旌閭閣は全国でも類例がなく、歴史性と精神的意義を考慮すると重要な民族史的な遺産である。